アルコール依存症の患者さんへ

アルコール依存症は特別な病気ではなく、多量に飲酒したり、長期に飲酒を繰り返したりすることで、誰にでも起こりうる脳の病気です。快感を得るために繰り返し乱用することで依存が生じ、ついにはその使用がいかなる行動よりも、より高い優先度を持つようになる状態となってしまいます。そうなると仕事に支障がでたり、飲酒運転をしてしまう等の社会的問題、肝臓や胃腸障害等の健康障害、飲酒そのものによるいらいら感、不安やうつ症状等の精神症状といった本人に生じる問題だけでなく、飲酒に伴う暴言や暴力などの家庭内問題などが生じるようになり、アルコール依存症は周囲を巻き込んで進展していきます。当院ではアルコール依存症の外来・通院での診療を行っております。依存が重度の場合や身体合併症がある場合には治療目標は原則断酒となりますが、状況によっては節酒も目標となることがあります。

入院でのアルコール依存症治療

およそ3カ月間程度の期間で治療を行います。入院後は2週間程アルコール離脱期による症状や身体の治療を行う解毒期間をとります。その後にこれまでの飲酒行動やお酒に関する考え方について振り返り、それを変えていくことを目標とした認知行動療法を中心に行い、退院後の断酒に繋げていきます。

外来でのアルコール依存症治療

断酒を目標とする場合には入院での断酒治療が第一選択となりますが、依存が重度でない場合や入院が難しい場合、外来で断酒治療を行います。その場合内服薬の使用や、定期的な外来診察を通して断酒を目指していきます。また、依存症が軽度である方、依存症の手前(プレアルコホリック)の方は節酒治療も治療目標となります。節酒治療では飲酒日記や内服薬を使用することで飲酒量低減を図っていきます。

アルコール依存症で使用する薬について

薬は大きく分けて2種類あり、目標や体の状態によって使い分けていくことになります。1つは断酒を目標としたもので、飲酒欲求を減らしてくれる薬や、アルコール分解を抑制することで悪酔いさせ、多量飲酒を防ぐ薬などがあります。もう1つは節酒を目標としたもので、内服した後に飲酒することで飲酒による快感を減らし、それにより飲酒量を低減します。